お知らせ

今年の11月ロブンツェリンゴンポの勉強会をZOOMで行うことになりました

概要

ご存知の通りの事情で、今年のGWにパトゥル・リンポチェを日本にお呼びすることができませんでした。そして、毎年定番となっている秋のロプンのセミナーを日本に招待する形で開催することも困難な状況が続いています。
その中にあって、パトゥル・リンポチェは世界の弟子に向けて、YOUTUBEで『普く善き我が師の口伝』を詳細に説いてくださっています(脱線して「九乗の教え」まで)。
そして今回ありがたいことに、リンポチェの許可をいただき、東京ゾクチェンセンター主催で、主に日本人向けにロプン・ツェリン・ゴンポ(ケンポ・トプテン・ロドゥ・ニマ)のセミナーができることになりました。

【形式】 ZOOM ウェビナー(ZOOMのネットセミナー用サービス)を使用します。
※PC(Win/Mac)・タブレット(iOS/Android)・スマホ(iPhone/Android)から視聴できます。

【日程】
11月7日(土) 一日法話 19時~22時

11月8日(日)~23日(月・祝)迄 本講義(全14日間)
その間休講は、13日(金)と21日(土)となります。

【時間】
土日祝は、16:00~19:30
平日は、19:30~22:00
※どちらも途中休憩あり。
※開始30分前(11/7及び11/8は1時間前)からウェビナーに接続可能です。

【通訳】

 三浦順子さん(チベット語⇒日本語)


一日法話:ランリ・タンパ『心を訓練する八つの詩頌』の解説

 

『普く善き我が師の口伝』発菩提心の章120ページ(『虹の階梯』中公文庫版では336ページ)から始まる(今回の本講義の根本テキストの著者)ゲシェ・チェカワの逸話にあるように、ゲシェ・チェカワはまさにこのテキストを読んで、ラサに行きランリ・タクパに教えを乞うことを決意されました。
ゲシェ・チェカワにとって、このテキストこそ「心の訓練=ロジョン」との出会いです。その後6年間(伝記では13年間)のロジョンの学びと実践とが、本講義の『ロジョン・ドンドゥンマ』に結集したという流れになります。
またギャルセ・トクメ・サンポも、自分の代表作である『37の菩薩の実践』の第15偈、16偈に、『心を訓練する八つの詩頌』の第4~5詩頌の内容をほぼそのまま使っています。

【月日】2020年11月7日(土)
【時間】19時~22時

【参加】無料 要申込 【申込フォーム】
(申込する際には、Zoomアカウントのメールアドレスをお使いください。)
チベット語からの通訳は三浦順子先生

ランリ・タンパ
カダム派のゲシェ。トゥルシク・リンポチェは、古えのカダム派のゲシェの中でも、特に優れた師であると評されています。
『普く善き我が師の口伝』では、第3章の『輪廻の欠陥』に逸話が載っています。
「いつも三界六道輪廻のこの苦しみを想ったら、明るい顔などできるはずもない」といい、常に陰鬱な表情をしていたが、ある時、マンダラの上の一個のトルコ石をネズミたちが協力して持ち去ろうとした様子を見て、一度だけ微笑まれた」というものです。
またランリ・タンパの師がゲシェ・ポトワで、『普く善き我が師の口伝』の第2章『無常』の章に、そのお言葉がいくつか引用されています。


【本法話会の内容】

『ロジョン・ドンドゥンマ(心を訓練する七つのポイント)』
根本テキストの著者はゲシェ・チェカワ
今回の教材は、ギャルセ・トクメ・サンポによるその注釈書となります。
ゲシェ・チェカワはシャラワに師事し、13年間に渡って心の訓練(ロジョン)の実践を行い、シャラワが亡くなられたあと、その僧院を継がれました。その後、それまでの経験のエッセンスをまとめた本テキストにより、その名前がチベットに広く知られるようになりました。


『普く善き我が師の口伝』の第一章『有暇と円満を得ることの難しさ』の最後のまとめの部分に「繰り返し、有暇と円満を得ることがどんなに難しいことなのか、について瞑想しなさい。それができたら、ゲシェ・チェカワの体験に照らし合わせて、自分がどの程度瞑想を深めることができたか、チェックしてみなさい」とあります。
ここにある「照らし合わせる」テキストこそが今回のテキストとなります。

※また世話人のお願いで、護法尊行の解説の部分で、1日分を使ってゾクチェン寺における護法尊行についても詳しく説いてくださいます

【テキストの目次】
1、前行
2、本行
3、逆縁を悟りの道に変容する 
4、修行を一生に渡って続ける 
5、心の訓練がどれくらい進んだか測る 
6、心の訓練にとりかかる際の誓約(決めごと)
7、心の訓練の際の戒め



ゲシェ・チェカワ
12世紀の聖者でカダム派のゲシェですが、レーチュンパ(ミラレパの直弟子)よりミラレパの教えの系譜も数多く受け継いでいらっしゃいます。
皆さんにとっては、何より、『普く善き我が師の口伝』の『菩提心生起の章』のテキスト120頁の逸話で、ご存知かと思います。(『虹の階梯』中公文庫版では、336頁)
そこに、ランリ・タンパから教えを授かろうと赴いたところ、すでに亡くなられていたので、その直弟子のシャラ
に就いたという逸話が書かれています。
その逸話には、「(シャラ
から)6年間(伝記では13年間)にわたり、心の訓練(ロジョン)の実践的解説のみを学び、瞑想することで、自己への執着をまったく失くしたのです」とあります。
本テキストはまさにそのロジョンの実践から生み出された珠玉のテキストです。

なお、シャラは、『普く善き我が師の口伝』ではランリ・タンパの弟子となっていますが、伝記によれば、シャラはゲシェ・ポトワの弟子でもあり、(つまり兄弟弟子でもある)ランリ・タンパと共にウ地方の太陽と月と呼ばれていました。

ギャルセ・トクメ・サンポ
云わずと知れた『菩薩の三十七行』の著者です。
また2017年にロプンが説いてくださった『病などを修行の道とする方法』の著者でもあります。

 

 

 


ご参加について

 申込こちらからお願いします。

今回は、事前申込、全日程のみの参加形式となります。(全日程ご参加できなかった方のために後日mp3の音声をお送りします)。

※視聴制限を掛けますので、事前に申し込んでいただいた方以外には視聴できません。

【喜捨】

10,000円(1デバイスごと*ご家族が一緒に見られるのはかまいません)

※後日、全法話の音声(MP3)入りのDVDをお送りします。
※テキストは、事前にお送りします。
※喜捨は、経費差し引き後、全てロプンにお送りします。
※最終振込期限は11/6(金)

接続手順


①ZOOMのアカウントが必要です(自身でアカウント登録してくだい)。
こちらのアドレス からZOOMの参加申し込みをリクエストください。
③口座に入金が確認でき次第、こちらで参加を承認します。
④承認された後、ZOOM登録用メールアドレスに、接続URLをお送りします。
※申し込んでいただいた方には、ZOOM接続用の登録アドレスでメーリングリストおよび本講義用のLINEを作成し、連絡はそこにします。
 

接続テスト

このご時世でZoomの接続を多くの方々が使えるようになりましたので、よくご存じの方は接続テストに立ち会う必要はありませんが、Zoom初心者のために、接続テストを行います。

接続テストは10月24日(土)と11月3日(火・祝) 18時~19時、2回機会を設けます。そのどちらかにご参加されてください。

※テストをする時間が変わりました。ご注意ください。

10月24日も11月3日も、
14日間の『心を訓練する七つのポイント』のウェビナーに申込まれた方のために19時~20時
一日法話会『心を訓練する八の詩頌』に申込まれた方のために20時~21時

ZOOM ウェビナーの接続をフォローします(ただし簡単です)。
※またお申込みいただいた方には、事前に接続法の説明書をお送りします。
※接続テストはその時点で、事前登録が済んだ方のみ可能です。