お知らせ

ゴールデンウィーク2019のイベント

 
[詳細][申込]

皆様、あけまして、おめでとうございます。

 今年のゴールデンウィークは、当センター初の試みとなる、ロンチェン・ニンティク系譜の大悲観音の成就法[苦しみを自ずと解き放つ大悲観音/Tugje Chengpo Dukngal Randrōl]に基づくドゥプチェンを行うことが決定されました。

きっかけはパトゥル・リンポチェのヴィジョンであり、そこにリンポチェの弟子たちの長年の祈願が加わりました。観音様はチベットでも日本でも馴染み深い本尊でありますし、この時代に大変求められている慈悲の象徴でもあります。観音様の修行は、様々な苦しみや病に、そして死者の供養にも特に効き目があると言われています。

ドゥプチェンが今年実現するに至ったのは、良き五円満が整ったからです。師、仏法とサンガをゆるぎない基盤として、さらに[場]と[時]の円満が加わりました。

ある友人が、修行することが可能な場所(千葉県市原市)を提供してくださることになり、しかもその場所は、昨年、観音様の化身ともいわれるダライ・ラマ法王が既に加持された場所でもあるのです。

さらに、今年は平成の終わりに際して、日本では珍しい10連休という長いGWになったことが大切な要因です。ですから今回は、大悲観音のドゥプチェンを多くの有情のご利益のために、皆様と一緒になんとか実現することができたら本望だと思っています。

現在の予定では、2019426日(金)~428日(日)の午前中に、ドゥプチェン前の準備コースを開き、428日(日)の午後〜56日(月・祝)の早朝まで7泊8日に渡って、ドゥプチェン自体を開催することになります。

また、26日からの準備コースに出られない方のために4月21日(日)に入門編の指導を、都内で実施することも検討しています。

尚、『普く善き我が師の口伝』のコースに参加されている皆様のために、昨年終わらなかった「発菩提心」の章を最後まで終わらせ、その口頭伝授を頂くことができるように、511日(土)~12日(日)に週末セミナーを開催することも決まりました。

まだまだ詳細すべては決まっていませんが、決まり次第、このホームページに掲載していきたいと思います。どうぞ、今年もよろしくお願いします。

東京ゾクチェンセンター 世話人より